京都 濱長本店
全商品一覧
製品誕生秘話
よくある質問
店主のコラム
会社概要
ご利用案内
初めての方へ
ご注文方法
お問い合わせ
第3回 ところてんの心

「ところてん」というのは、かなり妙な名称だと思うのですが、ひらがなでさらさらと、一筆書きの様に書いてみると、これが存外、クニュリと突いて、器に入れた時の感じがぴったりと伝わって、結構風情に一致した文字の羅列、面白い響きを持つネーミングであることに気付く。
私の感覚の中では「うどん」というのも同じで、鎌倉時代に出来た時は、中国語の「コントン」から「ウントン」になり「うんどん」そして「うどん」になったとされています。
これもさっと書いてみると、やはり丼の中で、白いからだを巻いている「うどん」の体が創造出来て、なかなかに面白い。
ところで、ところてんの歴史というのはかなり古く、西暦538年、仏教伝来の頃に、中国から伝えられたとも云われています。
日本史の中では、西暦701年に制定された「大宝律令」の中に「ココロブト」という名称で登場するのが最初です。
ウィキペディアによると、奈良時代(710年〜781年)正倉院の木簡に、宮中の節気行事に、テングサを御食国(ミケツクニ、今の若狭地方)から送られたとあり、そのころには、「こころてん」という名称であったということらしい。
氷が貴重であった当事、涼感を誘う食べ物として「ところてん」が重宝されたに違いありません。
そしてそれは、平城京や平安京の市で売られていたというので、夏になると、日本人がこの食べ物に、古くから親しんでいたという事がよく分かります。
ところで「ところてん(心太)」の名称の由来ですが、奈良時代、凝りにくい海草を小凝藻葉(コゴモルハ)と呼び、凝り易い天草を大凝藻葉(オオモルハ)と呼び、出来上がった製品を、大を太に替えて「ココロブト」と呼んでいた。
やがて太をテイと発音したので次第に「ココロテイ」と訛り、江戸時代に「トコロテン」となったという説が有力なのですが、これはホント、実にややこしいぞ!
前出の木簡には「こころてん」という名称がすでに記されていたとあり、「ココロブト」「ココロテイ」「ココロテン」「トコロテン」と、次第に変遷していったと云う事でしょうか。
兎に角、古から食べ続けられている食物は、それだけ日本人に合った、健康的で安心な食べものだと云う証になるのではないか。
伝来したての、氷のような食べ物を、聖徳太子あたりが、珍しがって食されたかもしれないし「今どきの若いもんは、言葉遣いがなっとらん!」と、ブツブツ言いながら、清少納言が食べる。
平賀源内の芝居を観ていたら、ところてんの突き器を口の上に持っていき、さっと突いて、一気に食べてしまう大道芸人が登場します。
1500年近く、この国の、大河の中を生き抜いてきた、由緒ある食べ物は、そしてこれからも、綿々と、人々に食べ続けられていくに違いありません。
そして、宇宙ステーションの市などでも?

濱長 主人 拝

Copyright(c) hamachohonten, All Right Reserved